CAFE CREPE
founder CEO

神奈川県大磯町生れ
4人兄弟長男

叔父
日本画家 白鳥映雪
(伊東深水の弟子)
版画家 宮本匡四郎
(棟方志功の弟子)

18歳
八重洲レストラン就職
その後

高円寺喫茶店店長
おしぼり会社工場長
渋谷麻雀荘開業
外車販売会社開業

1977年
カフェクレープ創業
日本初
原宿クレープ商品開発

エピソード0

◇4人兄弟の長男として、神奈川県 大磯で生まれ育つ 伊東深水の弟子の日本画家白鳥映雪と棟方志功の弟子の版画家宮本匡四郎という芸術家2人の叔父の影響を受け、デザインや絵など美術に興味を持ち、東京芸術大学の油絵科と多摩美術大学のデザイン科を受験したが、ともに不合格で、高校卒業後大磯から、世田谷区深沢の祖母の家に出て来て、父親にもらった5000円が無くならない内にと、食事と寮がある、東京駅前の八重洲のグリルシャトーというレストランに月給13500円で就職した。 高校時代には、フランス映画の「お嬢さんおてやわらかに」を観て、アラン・ドロンに憧れて映画館へ通いフランス好きとなった。

その後3ヶ月程で八重洲のレストランから高円寺の喫茶店に移り18歳でそこの店長を任され、19歳になると社長から、貸しおしぼりの会社を立ち上げるようにと言はれ、練馬に工場を探し、東京中を軒並み飛び込み営業をして、1年後には300件程の得意先が出来た、工場長と店長の兼務で50人位の年上の部下がいた。その後25歳の時に渋谷の百貨店入り口のビルの4階を借りて自分で麻雀荘を開業した。1年後に恵比寿駅の近くにもう1店舗出したが、当時流行りのコーヒー専門店をやりたかったので、満卓続きの2店舗を売却し、環八沿いでロータスという名で中古外車の販売をしながら、コーヒー専門店の出店場所を探した。

1976年に原宿竹下通りに念願の店舗が見付かったが資金が足りなかったので、当時渋谷公園道りの入り口に有った渋谷信用金庫の本店長の家を探しあて、一週間は帰らないつもりで、QBBのスティックチーズを5、6本ポケットに入れて真冬の1月末に門の前に座り込んだ、厚着だと気持ちが伝わらないと思い普通の服装で行ったところ、考えていたよりも寒すぎて何度も逃げ帰ろうかと思ったが、 ここで止めたら物語が出来ないと粘っていたところ、近所の人が窓から覗いて警察に通報され自転車で警察官が来たので立ち上がってやり過ごしたりなどとしながら、次の日のお昼頃になった時、本店長の家の玄関が開き中から奥様が出て来られた、「主人が会社で待っております」と告げられた時、軽い目眩の中地獄で天女様に会ったような気持ちになった。 丁重なお礼を述べ、これで何とかなりそうと、急いで渋谷信用金庫に向かった。 本店長に会うと「もう座りこむな、融資はするから」と夢の様な展開となった。

原宿との出会い

小野瑞樹の魂
原宿クレープ~
六本木ヒルズへ

◇ストロベリーハウス
カフェクレープラフォーレ原宿店

◇エンジェルスハート
カフェクレープ竹下通り店

◇カフェクレープ 六本木ヒルズ店

創業者 小野瑞樹の魂は原宿を飛び出し、日本有数の複合オフィスビル「六本木ヒルズ」に伝説の場所を移そうとしている。

クレープ商品

日本初
原宿クレープ
開発物語